【神話】頭はヤギなのに下半身は魚の姿?!奇妙な姿の理由に神々は笑う|やぎ座

上半身はヤギの姿、
下半身は魚の姿をした絵で
描かれているのはやぎ座

この奇妙な姿は、
やぎ座のモデルとなった牧神パーン
神話に理由があります。

毎日手に持ったを吹き、
宴をより一層盛り上げてくれる
愉快な牧神パーン。

ちょっとしたお騒がせ役なパーンがいると、
いつも笑いが絶えませんでした。

やぎ座のシルエットが奇妙な姿なのも、
パーンの”お騒がせ”な一面が関係しています。

【神話】頭はヤギなのに下半身は魚の姿?!奇妙な姿の理由に神々は笑う

高々と気持ちよく鳴り響く笛の音
牧神パーンが奏でる音。

その音と混ざり合って聞こえる
神々の笑い声は、今日も楽しい宴の様子。

ゼウスを始めとする神々を前に、
得意の笛やダンスで宴を盛り上げるパーンの姿は、
ひと際目立っていました。

皆ほどよくお酒がまわり、

”さぁ!宴もこれからだ!”

と言う頃、
その楽しい雰囲気は一変します。


禍々しい雲とともに怪物テュポンが現れました。

テュポンはかつて神々の王ゼウスと
死闘を繰り広げた怪物です。

その強さはゼウスに匹敵し、
まさに最悪の怪物でした。

そんなテュポンが急に現れ、
神々はみな一斉に逃げ出します。

神々は鳥や魚などさまざまな姿に変え、
その場から離れていきます。

牧神パーンも流石にマズいと思い、
魚に姿を変え近くを流れていた川へと逃げました。


そのうち怪物テュポンはどこかへ去り、
神々もホッと一息ついた中、
ゼウスの高らかな笑い声が辺りに響き渡ります。

ゼウス
ゼウス

あっははははは!
みな、牧神パーンの姿を見てみよ。

ゼウスがそういうと、
みな一斉に牧神パーンの方を見ます。

そこには、下半身だけを魚の姿にして
浮かぶパーンの姿がありました。

ヤギの頭と魚の尾を持つその姿に、
神々は大笑い。

その笑いはしばらく絶えることはなく、
神々はまた楽しい宴を始めました。

ゼウス
ゼウス

この姿を記念に星座として
残しておこう!

こうしてパーンの奇妙な姿は
星座として天に飾られることとなりました。

まとめ

管理人
管理人

今回はやぎ座の神話についてでした!

神話で登場した牧神パーンには、
他にも少し変わった神話が伝わっています。

パーンの持つシュリンクスという笛なのですが、
実はこのシュリンクスにも秘密があるんです。

その笛は、
その昔パーンが恋した女性を材料に作られた笛…だとか。

のんくん
のんくん

まさかその女性の骨を…

管理人
管理人

そんなホラー展開な話にはなりません。

そこまで怖い神話ではないので、
また次の機会に紹介したいと思います。

管理人
管理人

強いて言えば、
パーンのしつこさが怖いくらいの
神話なので…

管理人
管理人

パーンにはまだ面白い話があるので、
もう少しだけ話して終わりにしたいと思います!

パニックという言葉をご存じかと思いますが、
その語源も牧神パーンからきていると言われているんです。

今回紹介した神話の中で、
怪物テュポンが襲ってきた場面があったと思います。

その際、ヤギの頭のまま
下半身だけ魚の姿へとなってしまったパーン。

その慌てぶりから、
パニックという言葉の語源になったと言われています。

のんくん
のんくん

牧神パーンって
ほんと愉快な人だね。

管理人
管理人

他にも、”こだま”という言葉も
パーンに由来しているって言われてます。

のんくん
のんくん

山でよくやる”ヤッホー!”
ってやるあれのことだね!

管理人
管理人

でもそれはパーンの持つ笛シュリンクス
と関係のある話なのでまた次回に…!

管理人
管理人

それでは今回はこの辺で
終わりにしたいと思います!

のんくん
のんくん

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました