【神話】美人すぎて誘拐された少年?!ギリシャ神話に残る珍事件!|みずがめ座

とあるトロイという国に
ガニュメデスという王子がいました。

王子は顔立ちがとても良く、
それは少し外を歩いただけで町中がパニックになるほど。

そんなある日、
王子は美少年すぎたために誘拐されてしまいます。

身代金、妬み嫉み、恨み…
犯人の目的は一体何だったのでしょう。

ギリシャ神話に残る、
王子誘拐事件の真相とは…。

【神話】美人すぎて誘拐された少年?!ギリシャ神話に残る珍事件!

ここは神々が集まるオリュンポスの館。

館では毎晩のように盛大な宴が開かれ、
神々はみな酒を飲み肉を食べ、
愉快に過ごしていました。

そんな神々へのお酌を任されていたのは、
ヘペという美しい娘でした。

管理人
管理人

ヘペは神々の王ゼウスとその妻ヘラの娘の1人です。

神々をも魅了するその美しさは、
酒の席には欠かせない存在でもありました。

のんくん
のんくん

でも毎晩酒を飲んだ神々の相手をするの軽く拷問じゃ…

管理人
管理人

どういう気持ちで毎晩相手をしていたのか気になりますね…!

しかしある時ヘペは結婚が決まり、
お酌の任から離れることになりました。

それを知ったゼウスは頭を抱えます。

ヘペが宴の席に顔を出せなくなったとなれば、
狂った神々が暴動を起こしかねません。

しかしヘペの美しさに相当する女性など
滅多にいないのもまた事実。

そうしてゼウスの頭を抱える日々が始まりました。


それから数日間、
ゼウスはヘペの代わりとなる女性を探して
天から下界を眺めていました。

しかしヘペの代わりとなる女性はそう居らず、
ただただ時間だけが過ぎていきます。

そんなある日、
ついにゼウスの目に止まる人物を見つけます。

整った顔立ちながらも
どこかまだ幼さを感じさせる表情。
スラっと伸びる白い手足。

年齢はまだ10歳ほどでしょうか。

年の割に落ち着いた雰囲気でありながら、
時に子供っぽい一面を見せるその姿に
ゼウスは一目で恋に近い何かを感じました。

その人物の名はガニュメデス

ゼウスは自ら大鷲の姿へと変身し、
一瞬のうちにガニュメデスを
神々の住むオリュンポスへと連れて帰りました。

管理人
管理人

まぁやってること普通に誘拐なんですけどね…


ゼウス
ゼウス

ガニュメデスよ。
ここで毎晩開かれる宴の席で働いてくれないか?

ガニュメデス
ガニュメデス

しかしゼウス様。
私は一国の王子であります。
私が急にいなくなっては父と母が悲しみます。

ゼウス
ゼウス

だがお主はこの場所にこそ相応しい。
どうか考えてはくれぬか…?

ガニュメデス
ガニュメデス

…分かりました。
ではこれから書く手紙を父と母に
届けてはくれませんか?

ゼウス
ゼウス

分かった。
責任をもって届けよう。

こうしてガニュメデスは父と母へ別れの手紙を書き、
その一生をオリュンポスで過ごすことになりました。

管理人
管理人

この時ガニュメデスはゼウスから
褒美として永遠の若さを与えられます。

のんくん
のんくん

一生社畜の図が見える…(白目

ゼウスはガニュメデスの父母が悲しまないよう、
彼の姿を星座として残し、
いつでも夜空に見れるようにしてあげたそうです。

まとめ

のんくん
のんくん

今回はみずがめ座の神話についてでした!

ゼウスは女好きとして知られているのですが、
実は少年もいける人だったんですね…。

ちなみにゼウスがどのくらい女好きかと言うと、
正妻ヘラがいながらも多くの女性との子を残し、
ギリシャ神話の有名な神はほぼゼウスの子供となっています。

ゼウスの子供一覧(抜粋)
アルテミス
アポロン
アテナ
ヘルメス
アレス  などなど

のんくん
のんくん

今回はこの辺で終わりにしたいと思います!

のんくん
のんくん

最後まで読んでくれて
ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました