【3分で分かる北欧神話】北欧神話界の異端児ロキと炎の番人スルト!2人のちょっと特殊な人物像とは

こんにちは!管理人の柊です!

今回は
巨人なのに神々の仲間となったロキ

古より静かに世界を見守る巨人スルト

この2人の人物について
紹介していこうと思います。

ロキもスルトもゲームなどでよく目にする名前
かなと思います(個人的に)

2人に関係するものに、
軍馬スレイプニルレーヴァテインなどもあり
その名前を聞いたことがある方も多いはずです。

北欧神話においても2人の存在は大きく、
世界の滅亡まで深く関わっていくこととなります。

【3分で分かる北欧神話】北欧神話界の異端児ロキと炎の番人スルト!2人のちょっと特殊な人物像とは

【北欧神話界のトリックスター】ロキ

ロキは神々の王オーディンと
義兄弟の契りを交わすことで神々の一員となりました。

北欧神話では
巨人族と神族は敵同士です。

神々の仲間となったロキは
雷神トールと親しくなります。

2人はよく一緒に冒険したり、
休日も一緒に過ごすほどの仲良しでした。

ですがある時、
ロキは雷神トールの怒りを買ってしまいます。

ロキは雷神トールの妻の髪を丸刈りにしてしまうのです。

え…?いやなんで……?

ちょっとしたイタズラ心ですね……

他にもロキが関係する話に、
軍馬スレイプニルの誕生物語があります。

軍馬スレイプニルは8本の足を持つ馬で、
神々の王オーディンの愛馬とされています。

ロキとスレイプニルの誕生については
また別の記事で紹介するつもりです。

無双OROCHI3では軍馬スレイプニルや
その他北欧神話の神々が登場します!

無双シリーズが好きな方は
ぜひ北欧神話やギリシャ神話を
知ってみると楽しみが増えるかもしれません!

【静かに世界を見守る炎の番人】スルト

スルトは原初の神が誕生するずっと前から
存在していたと言われています。

世界ができる前、
この世には大きく穴の開いた空間と、
熱い空気の漂う領域
冷たい空気の漂う領域のみが存在していました。

スルトは熱い空気の領域を守る
守護神のような存在です。

スルトが手に持つ魔剣レーヴァテイン
一振りで辺りを火の海にし、
スルトの存在を象徴する武器となっています。

炎を操る魔剣レーヴァテイン……!

スルトは北欧神話ではほとんどでてきません。

というのも、北欧神話における終末”ラグナロク”
の際にのみ活躍する人物でした。

ラグナロクとは、
巨人族vs神族の争い
です。

この2種族の争いが世界の崩壊のきっかけなのですが、
そこに終止符を打ったのがスルトです。

スルトは魔剣レーヴァテインを振りかざし、
巨人族や神族もろともその炎で焼き尽くしました。

それがスルトにとって
最初で最後の活躍の場となりました!

神話こそ少ない(というかほぼない)ですが、
そういう活躍やレーヴァテインのおかげもあり
知名度自体はかなり高い人物なのかなと思います。

実はシャイであまり目立ちたくなかった
のかもしれませんね。

まとめ

今回は北欧神話に登場する
ロキとスルトの2人について紹介してみました!

ロキは北欧神話でのトラブルメーカー

スルトは活躍の場こそないけれど、
世界の破壊という一撃の重さ

2人ともかなり個性の強い人物でした。

個人的に、スルトはイケメンすぎますね。

最後にでてきて世界を崩壊させて去っていく
ってカッコよすぎませんか……

ということで今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうござました。

タイトルとURLをコピーしました