【3分で分かる北欧神話】神々に忌み嫌われた3兄妹|彼らは後に世界を揺るがす存在となった

こんにちは!管理人の柊です!

今回は北欧神話に登場する
ロキの3人の子供について紹介したいと思います。

ロキには多くの子供がいますが、
フェンリル、ヨルムンガンド、ヘル
この3人は特に有名な子供となっています。

フェンリルは巨大な狼
ヨルムンガンドは大蛇
ヘルは人の姿をしています。

3人の親ロキについては
こちらの記事で紹介しています。

【3分で分かる北欧神話】北欧神話界の異端児ロキと炎の番人スルト!2人のちょっと特殊な人物像とは

もしまだ知らないよという方は
合わせて読んでみてください。

ロキの子供たちは、
神々へ災いをもたらすだろうという予言のもと、
各地へバラバラにされてしまいます。

それぞれ全く別の場所で育った彼らは
どのような運命を辿るのでしょうか。

【3分で分かる北欧神話】神々に忌み嫌われた3兄妹|彼らは後に世界を揺るがす存在となった

【天をも飲み込む巨大な狼】フェンリル

フェンリルは巨大な狼の姿をした魔物です。

幼い頃はとても可愛らしい姿をしていたのですが、
年を重ねるにつれ、魔物らしい姿へとなっていきます。

そんなフェンリルは神々の住む国で育てられました。

皆フェンリルを恐れ、
誰も世話をしようとしない中、
テュールだけが面倒を見ていました。

神々といえど、
災いももたらすとする獣には
それなりの恐怖を覚えるんですね…

そうして育てられたフェンリルには
育ての親とも言えるテュールの腕を噛みちぎった神話
が伝わっています。

テュールにだけは懐いており、
神々の中でも唯一信用していた人物でありながら、
どうしてそのような事態になってしまったのか…。

こちらの記事で詳しく紹介していますので、
気になった方は是非読んでみてください。

【3分で分かる北欧神話】信用と犠牲に腕を失った勝利の神テュール

神々に酷い扱いを受けてきたフェンリルですが、
世界の終末”ラグナロク”の際には、
神々の王オーディンを嚙み殺したと言われています。

その後すぐに駆け付けた
オーディンの息子によって
フェンリルも殺されてしまいますが…

【世界を取り巻く大蛇】ヨルムンガンド

ヨルムンガンドは
北欧神話の世界を覆うほど巨大なヘビの魔物です。

そのあまりの長さに
自らの尻尾を口で加えている姿が特徴的です。

ほんとは伸ばしたいけど、
仕方なく口に尻尾を入れていると思うと
少し可愛げのある蛇ですね(笑)

ヨルムンガンドもかつては
普通のヘビくらいの大きさでした。

よく道端で見かけるハブくらいの
大きさですね。

フェンリルは神々の元で育てられましたが、
ヨルムンガンドは遥か下の海へと投げ捨てられました。

そうして海で育ったヨルムンガンドは、
次第に大きく成長していき
やがて世界を覆うほどの大きさにまでなります。

ヨルムンガンドには
雷神トールとの因縁がありますが、
この話はまたどこかで記事にできたらと思います。

次は3兄妹の一番下、
ヘルについて紹介していきます。

【迷える魂たちの母親】ヘル

ヘルは3兄妹の中で唯一人の姿をした女性です。

例によって他の兄弟と同じように
オーディンによって飛ばされるのですが、
ヘルが飛ばされたのは冥界でした。

地下深くにある冥界は、
死した者の魂が最初に行き着く場所です。

ヘルは死者を裁く役目を負わされ、
やがて冥界の女王ヘルと呼ばれるようになりました。

いわゆる地獄の管理者ですね。

地獄と言えば炎みたいなイメージですが、
ヘルの治める冥界は永久凍土に覆われていたとか。

ヘルに関しての神話はあまりなく、
その最期についてもよくわかっていません。

世界の終末”ラグナロク”後も
冥界は免れて迷える死者を迎え入れている
と考える意見もあったりします。

個人的には、
世界の変化を地下深くから見守る
傍観者のような立ち位置であってほしいです。

まとめ

今回は北欧神話に登場する
3兄妹について紹介してきました。

ロキの子供というだけで
忌み嫌われ酷い扱いを受けた兄弟たち。

彼らは予言の通り、
神々に災いをもたらす形になりましたが、
それらは神の無意味な心配が引き起こしたのかもですね。

一番の被害者は
案外彼らなのかもしれません。

それでは今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました